やっぱ地元で働こう!めっちゃ応援情報

人材コンサルがお答え!Q&A

人材コンサルがお答え!Q&A

就職・仕事に関する悩みや疑問を人材コンサルタントがお答えします。「アルバイトに有給休暇はある?」「パートには残業代は発生しない?」などの疑問をお寄せください。仕事に関する不安や悩みを解消して、「Eしごとぱど」でお仕事探しをしてくださいね。
あなたの就職やお仕事に関する、お悩みや疑問などのご相談を「Eしごとぱど」へお寄せください。

※ご相談の際、個人情報の登録は必要ありません。
※法律に抵触するもの、公序良俗に反するもの、その他事務局が不適当と判断するものはご回答できない場合があります。
※掲載及び回答は、お約束できません。
※回答掲載に際し、お寄せいただいた文章を編集する場合があります。
※回答の発表はサイト掲載をもって代えさせていただきます。

ご相談受付こちら

お寄せいただいたご相談&人材コンサルタントからのご回答

堺市 30代 女性
在宅勤務
コロナの影響で会社から在宅勤務を命じられました。
会社からは個人のパソコン使用の指示が有りました。
オフィスソフトとWeb会議用のカメラとマイクを購入しないといけないのですが、会社からの費用負担や手当ては有りません。
そういうものなのでしょうか?
人材コンサルタントからの回答
業務上必要なものを労働者に負担させること自体は、それが「労働契約の内容になっている」限り、原則として法律違反にはなりません。そして、その「労働契約の内容になっている」と言えるためには、「雇入れ時に負担に関する事項を明示していること」と「就業規則にもその負担事項を記載していること」の2点が必要となります。
雇入れ時の労働条件明示について、特に重要な事項については、書面によらなければならないとしています。今回問題となっている、「労働者に負担させるべき作業用品等に関する事項」については、書面への記載までは義務づけられていません。
次に、就業規則についてですが、就業規則に記載しなければならない事項についても法令で定められています。そして、「労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる」ことをその事業所でルール化するのなら、記載しなければならないとされています(労働基準法89条5号)。
作業に必要な備品や器具などを労働者に負担させるよう定める場合は、就業規則にその内容を書いておかなければならないことになっています。
質問にあるような、オフィスソフトとWeb会議用のカメラとマイクなどを自己負担で用意するとなると、労働者にとっては非常に大きな負担となると考えられます。
したがって、就業規則による契約上の前提も無いのに労働者に大きな負担を強いるようであれば、違法行為と考えられます。
東大阪市 30代 男性
J.K
現在、観光関係の会社に勤めていますが、コロナの影響で業績が悪化、今後の見通しも明るく無いため、全く違う業種への転職活動を開始しました。
元気な業界や企業を見極めるコツのようなものがあれば教えてください。
人材コンサルタントからの回答
前提として、大手企業が必ずしも優良企業とは限らない、中小にも優良企業はあると考えてください。
元気な業界としては、国もデジタル庁の創設などもあり。やはりインタ-ネット業界が上げられます。
これを踏まえて、まず表面的なところから、口コミサイトが荒れていない、給料が良い、従業員の働きやすい環境づくりをしているおり、そして将来性がある事業をしていると思える会社を選んでみてください。
それが上場企業であれば、これにプラスアルファをして、会社四季報などで、内部留保(貯金)が大きい会社を選び、さらに業界シェア率が高い業界紙やビジネス雑誌で取り上げられているなどの情報もみておいてください。
でも一番大切なことは、自分自身のスキル、経験、実績をきちんと評価してくれる制度がある会社で、福利厚生がきっちりしており、給料をきっちり払ってくれる。この基準で見極めるのが一番よいかと思います。
そして、もうひとつ、社員の定着率には惑わされないように。今は昔と違い終身雇用制度が崩壊しているということは社会的に認知されています。
※人材コンサルタントからの回答は、全ての方に当てはまるものではなく、見解の一つですので、参考情報としてお取扱いください。また回答内容は回答日時点の情報に基づくものです。
※掲載情報に基づく行動や判断は、 ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
Q&Aをもっと見る
人材コンサルタント(キャリアアドバイザ-)

山下 勝也

大手・中小人材派遣・紹介会社のキャリアアドバイザ-を経験。多くの新卒生や中途採用者のキャリアアドバイスを行う。就職希望の人たちの能力を最大限に生かしていくことを重視し、課題や弱みを克服しながら自分の能力を伸ばしていけるように指導する。企業ごとに風土や必要人材の要件が異なるなかで、よく企業を理解し、人材ニーズと要点を押さえた人材就職支援には定評がある。