やっぱ地元で働こう!めっちゃ応援情報

人材コンサルがお答え!Q&A

人材コンサルがお答え!Q&A

就職・仕事に関する悩みや疑問を人材コンサルタントがお答えします。「アルバイトに有給休暇はある?」「パートには残業代は発生しない?」などの疑問をお寄せください。仕事に関する不安や悩みを解消して、「Eしごとぱど」でお仕事探しをしてくださいね。
あなたの就職やお仕事に関する、お悩みや疑問などのご相談を「Eしごとぱど」へお寄せください。

※ご相談の際、個人情報の登録は必要ありません。
※法律に抵触するもの、公序良俗に反するもの、その他事務局が不適当と判断するものはご回答できない場合があります。
※掲載及び回答は、お約束できません。
※回答掲載に際し、お寄せいただいた文章を編集する場合があります。
※回答の発表はサイト掲載をもって代えさせていただきます。

ご相談受付こちら

お寄せいただいたご相談&人材コンサルタントからのご回答

大阪府
 Eしごとぱど
若者から壮年、シニア、年代に関わらず元気に働きたいと思う人達がたくさんいらっしゃいます。
これからの時代に求められる人材像について良きアドバイスをお願いします。
人材コンサルタントからの回答
人それぞれ希望する方向性は異なります。進む道は人それぞれでいいのです。
ただし、どの道を選ぶにせよ、まずはしっかりと自分の方向性を決めてから動き出す必要があります。
なぜなら、最初に「どの分野で仕事をするか」を決めておかないと、その後の行動がムダになるかもしれないからです。

動き出してから方向性がチェンジすることも、実際よくあります。
これはこれで自然の流れですから、ムリして最初の計画に固執する必要はありません。
できるだけムダな行動を減らすためにも、「最初にきちんと計画を立てる」という意識だけは忘れないでください。

いろんな専門スキルを見につけることとか多くのことを言われますが、基本、「きちんと計画を立てる」ことができる人材ということが、一番求められる要素ではないでしょうか。
大阪府
 50代 男性
定年後の人生を見据えて資格の取得を考えています。
60歳を超えてからも取得出来て、収入にもつながる可能性の有るシニアにお勧めの資格を幾つか教えてください。
人材コンサルタントからの回答
シニアの働き方の中でも会社へ再就職する際の老後の再雇用・再就職などの、独立開業も含めた収入に繋がる資格には下記のようなものがあります。

簿記(日商簿記)
簿記の試験を通じて、企業の売り上げや支払いといったお金の動きと流れを管理する経理能力を習得することができますし、経理関連の業務は専門的な知識が必要になるので、簿記資格保有者は多くの企業から高いニーズがある強みがあり、2級以上を取得できればより高い評価を得ることができます。

管理業務主任者
管理業務主任者は、マンション管理業者が管理組合等に対して行う際の、管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う業務は管理業務主任者の独占業務です。マンションなどの集合住宅が増えている昨今においては社会的価値も高まっており、各方面からその需要は高まっている資格であるといえるでしょう。

マンション管理士
マンションの維持管理に関するコンサルタントとして活躍が期待できる資格です。近年はマンションの増加に伴い住民間のトラブルが増加しているため、法律的な知識が豊富なマンション管理士の需要は年々高まっています。

宅建
不動産営業や取引に携わる方にとっては必須の資格であり、独占業務もあるため不動産業界では非常に重宝されます。
不動産・住宅メーカー・金融業などで活躍することができ、これらの業界への就職を希望する方は取得を目指すべきです。

FP(ファイナンシャルプランナー)
就職に役立つだけでなく、豊富な金融知識を生かして副業としても活用できます。
退職金や年金などは老後の生活に直結する大切な資産なので、老後の生活を豊かにするためにも非常に有意義な資格と言えるでしょう。
※人材コンサルタントからの回答は、全ての方に当てはまるものではなく、見解の一つですので、参考情報としてお取扱いください。また回答内容は回答日時点の情報に基づくものです。
※掲載情報に基づく行動や判断は、 ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
Q&Aをもっと見る
人材コンサルタント(キャリアアドバイザ-)

山下 勝也

大手・中小人材派遣・紹介会社のキャリアアドバイザ-を経験。多くの新卒生や中途採用者のキャリアアドバイスを行う。就職希望の人たちの能力を最大限に生かしていくことを重視し、課題や弱みを克服しながら自分の能力を伸ばしていけるように指導する。企業ごとに風土や必要人材の要件が異なるなかで、よく企業を理解し、人材ニーズと要点を押さえた人材就職支援には定評がある。