やっぱ地元で働こう!めっちゃ応援情報

人材コンサルがお答え!Q&A

人材コンサルがお答え!Q&A

就職・仕事に関する悩みや疑問を人材コンサルタントがお答えします。「アルバイトに有給休暇はある?」「パートには残業代は発生しない?」などの疑問をお寄せください。仕事に関する不安や悩みを解消して、「Eしごとぱど」でお仕事探しをしてくださいね。
あなたの就職やお仕事に関する、お悩みや疑問などのご相談を「Eしごとぱど」へお寄せください。

※ご相談の際、個人情報の登録は必要ありません。
※法律に抵触するもの、公序良俗に反するもの、その他事務局が不適当と判断するものはご回答できない場合があります。
※掲載及び回答は、お約束できません。
※回答掲載に際し、お寄せいただいた文章を編集する場合があります。
※回答の発表はサイト掲載をもって代えさせていただきます。

ご相談受付こちら

お寄せいただいたご相談&人材コンサルタントからのご回答

東大阪市 
30代 女性
離婚予定の30代の女です。
現在正社員として働いていますが、離婚をした場合、会社に報告しないといけないものなのでしょうか。
個人的なことなので大きなデメリットがないようならば、そのまま内緒にしたいと考えています。
子供のことを考えて苗字は変更しない予定です。
人材コンサルタントからの回答
離婚は単なるプライベートな問題ではなく、戸籍の変更を伴う法的な問題でもあります。
そのため、報告しないままでいると、社内での保険手続きなどの際に離婚していることが発覚して、トラブルになる恐れがあります。
離婚の報告をためらう気持ちはわかりますが、報告するデメリットよりもしないデメリットの方がはるかに大きいので、離婚の報告は早めに済ますようにしましょう。
書類など手続上も問題になるのが苗字の変更です。
離婚に伴って苗字を変更する場合には、社内の書類だけでなく社会保険や雇用保険での氏名変更手続きが必要となりますので、必ず報告しましょう。
離婚後も同じ苗字を使い続ける場合にも、同じ苗字を使い続けるとしっかり報告しておいたほうがよいでしょう。

さらに、離婚によって扶養関係に変更が生じることは一般的です。扶養家族の有無や人数は社会保険の控除や厚生年金などに関係してきますので、できるだけ早く手続きを行う必要があります。
このように、苗字を変更する、しないは別にして、離婚によって、その拠って立つ法律的な地位が変動するため、会社にしっかりと申告しておくほうが、福祉等を受けるときでも、必要のない混乱を起こすことがありません。
会社にしっかりと申告するほうが受けられるメリットは大きくなります。
堺市 
50代 男性
人助けが出来る仕事がしたと思い、福祉施設に転職しました。配属前の研修や教育はそれほど受ける事無く即現場に出ました。実践の中で仕事を覚えながら自分なりに奮闘していました。
 そろそろ勤務2ヶ月になろうかというある日、突然の解雇通知を受けました。3ヶ月の試用期間中の出来事です。解雇予告は30日前までにと言うことでしょうか。解雇されるような事は一切無いと思いますので争う事も出来るのでしょうが、このような対応をする会社に残る気は無いので受け入れるつもりでいます。すぐにでも次の職探しを始めたいのですが残り約1ヶ月、出勤しないと私に非がある事になってしまうのでしょうか?
 そもそも試用期間中とは言え、明確な理由も無く解雇するのは有りなんでしょうか?
人材コンサルタントからの回答
試用期間の意味とは、雇用主が、労働者を実際の職務に就かせてみて、採用試験や面接では知ることのできなかった職業能力や適格性などを、より正確に評価・判断するために設ける期間です。

しかし、試用期間だからといって、自由に労働者を解雇することはできません。試用期間中の解雇が許されるのは、試用期間中に、採用決定の時点で知ることができず、また知ることが期待できないような事実が判明し、その労働者を引き続き雇用するのが適当でないと客観的に認められる場合だけです。

ですから、労働者を解雇する場合には、原則として、少なくとも30日前に予告するか、または予告しない場合は平均賃金(過去3カ月分の賃金の総額を、その3カ月の暦の日数で割った額をいいます。労働基準法(以下「労基法」)12条)の30日分以上の解雇予告手当を支払わなければならない、という解雇予告制度が適用されます(労基法20条、21条)。

したがって、試用期間中とは言え、明確な理由も無く解雇することはできません。
※人材コンサルタントからの回答は、全ての方に当てはまるものではなく、見解の一つですので、参考情報としてお取扱いください。また回答内容は回答日時点の情報に基づくものです。
※掲載情報に基づく行動や判断は、 ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
Q&Aをもっと見る
人材コンサルタント(キャリアアドバイザ-)

山下 勝也

大手・中小人材派遣・紹介会社のキャリアアドバイザ-を経験。多くの新卒生や中途採用者のキャリアアドバイスを行う。就職希望の人たちの能力を最大限に生かしていくことを重視し、課題や弱みを克服しながら自分の能力を伸ばしていけるように指導する。企業ごとに風土や必要人材の要件が異なるなかで、よく企業を理解し、人材ニーズと要点を押さえた人材就職支援には定評がある。