E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

※今回はリモートでおじゃましてきました

今回のええ仕事芸人は

フースーヤ
フースーヤ

左)田中ショータイム
兵庫県神戸市出身 1993年7月10日生まれ

左)谷口理(たにぐちおさむ)
兵庫県神戸市出身 1993年5月1日

サイバーコミュニケーション漫才を自称する
結成5年目のコンビ。
よしもと漫才劇場メンバー。

リモートでおじゃまします!お二人は今どちらにいらっしゃるんですか?

よしもとの控室です。お願いしまーす!
リモートでおじゃまします!お二人は今どちらにいらっしゃるんですか?
田中:よしもとの控室です。お願いしまーす!

谷口:一緒の部屋に二人でいるんですけどかなり離れて座っています。
よろしくお願いします!

漫才もそんな感じで距離をとってやっているんですよね?
谷口:はい。離れたりアクリルボードがあったりします。

田中:アクリルボードがあると、正直ちょっとキツイです(笑)
もうめちゃくちゃやりずらいです(笑)
たぶん僕らが一番ダメージを受けているコンビだと思います(笑)

― 動きを合わせたギャグやリズムネタとか、体が触れるネタとかも有りますもんね(笑)―

谷口:そうなんですよ。今まで通りに出来ないですからネタも工夫をしないといけなかったりしますね。
フースーヤのスタイルはギャグ漫才?リズム漫才?
田中:僕らの漫才はサイバーコミュニケーションです(笑)

―「サイバーコミュニケーション」わかりずらいんですけど(笑)―
ネタづくりはどちらが担当されているんですか?
田中:「違う!」「それや!」とか言いながら二人で一緒に作っています。

谷口:二ヶ月に一回の単独ライブに合わせて新ネタを作るんです。

― そうすると年間50~60本ぐらいですね ―

谷口:あ、そうなりますね。年間で言うと多く聞こえますね(笑)
かっこ良く聞こえたのでこれからは年間で答えるようにします(笑)
今までで一番自信のあるネタを教えてください
谷口:う~ん・・・難しい質問ですね。どれやろ(笑)

田中:よしもと漫才劇場の5周年記念の舞台でやったネタかな。
自信があるとかでは無いですけどサイバーコミュニケーションは伝わると思います(笑)

谷口:漫才劇場のホームページで動画が上がっていると思うのでぜひ見てください。
フースーヤの今の目標を教えてください
谷口:たくさんの方にフースーヤを見てもらえるよう、ユーチューブでの動画配信に力を入れたいです。

田中:M1グランプリがんばります!
(新型コロナウイルスの影響で)舞台に立てない日が続きますね。
谷口:応援していただいているファンの方達と会えていない期間が長いですから、早く劇場で会いたいです。
皆さんの前で思いっきり漫才をやりたいです!気持ちを伝えたいです!それから・・・

田中:真面目なコメントやなー(笑)話も長いし!(笑)
応援していただいている皆さん、いつまでも愛してるよーーー!
告知
よしもとInformation
なんばグランド花月
吉本新喜劇
よしもと漫才劇場
オンライン チケットよしもと
吉本興業株式会社
過去のええ仕事芸人一覧