E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

エルフ

左)荒川
  大阪府和泉市出身
右)はる
  大阪府枚方市出身

小気味良いツッコミが持ち味のはると“ギャル”荒川の女性コンビ。
2016年結成。
よしもと漫才劇場メンバー。

リモートでおじゃまします!お二人は今どちらにいらっしゃるんですか?

よしもと漫才劇場の楽屋からです。よろしくお願いします!
去年の夏以来2度目の登場ですね。何か変化は有りましたか?

荒川:いろいろ変わりました。一番変わったのは住処ですね。当時はゲストハウスで住込みのバイトをしていたんですけど、今は実家から通っているんです。ウーバーイーツのバイトもやめたんですよ。
はるさんはラジオとか芝居をやってみたいって目標は叶いました?

はる:はい。ラジオドラマに2回出させていただいたんで、ラジオとお芝居の両方がいっぺんに叶いました。セクシーなキャリアウーマン役と迷子の子犬を探す少女役を演じさせていただいたんです。

荒川:少女が探す子犬の名前が「うんこまんじゅう」(笑)

はる:笑うな ー(笑)。それと漫才劇場の配信番組でMCにも挑戦することが出来たんです。令和喜多みな実さんのコーナーでMCを担当させていただいたんですが、先輩方に良かったよって褒めてもらえたんです。それがすごい嬉しかった。
他に変わったことは有りました?

はる:相方のギャル感がさらに強くなりましたね(笑)

荒川:コロナの自粛期間は全ての時間をギャルのことに使っていましたー(笑)
メイクをものすごく勉強したんですよ。見てくださいこの涙袋とアイライン!パワーアップしたでしょ!

はる:メイクを変える度に私に感想を聞いてくるんですけど、そんなの全然気づかないんですよ(笑) でムスっとされるんです(笑)

荒川:いつも2時間掛けてメイクをしてるねん。気づけって(笑)
そうそう、ギャル感全開のTikTokをはじめたんです。それでなんとフォロワーが2万人!1日で1000人増えたことも有るんです!
凄い!日本人総ギャル化計画「ギャル・ジャパン」に一歩近づきましたね!(笑)

荒川:はい!「ジャパン」はまだ遠いですけど、「ギャル南海線?」「ギャル泉州?」ぐらい? 大阪のギャルがたっくさんフォローしてくれています!

はる:「ギャル南海線」も「ギャル泉州」もまだちょっと大きいんとちがう?(笑)

荒川:ちょっと言いすぎました(笑)でもギャルをテーマにした単独ライブもやったりしてがんばっているんですよ。お笑いを知らないギャル達が観てくれて、お笑いに触れる良いきかっけにもなっているんです。
近々に女性芸人のライブが有るんですよね?

荒川:はい、女芸人大祭です。私達も出させていただくんですよ。関西の女芸人がたくさん出演するイベントです。

はる:ハイヒールリンゴさんにネタを見ていただけるのですごい勉強になるんです。今から楽しみにしています。
最後に今現在の目標を聞かせてください。

はる:今は「THE W」の優勝を目標にしています。女芸人No.1を目指しています。

荒川:やっぱりギャル!ギャルの星になりたいです!
告知
よしもとInformation
チケットよしもと
よしもと漫才劇場
吉本興業株式会社
過去のええ仕事芸人一覧