E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

ヘンダーソン
ヘンダーソン

左)子安裕樹(こやすゆうき)
  兵庫県川西市出身 1986年7月28日生まれ

右)中村フー
  大阪府大阪市出身 1987年8月21日生まれ

歌ネタやコント、漫才で多彩な笑いを生み出す2008年結成のお笑いコンビ。よしもと漫才劇場メンバー。

リモートでおじゃまします!今どちらにいらっしゃるんですか?

子安:よしもとの楽屋にいます。
中村フ―:僕は自宅にいます。
子安・中村フー:よろしくお願いします!
コロナ前と後、変わったこと
中村フー:コロナは関係無いですけど2020年ぐらいから漫才をたくさんやるようになりましたね。
コント好きは相変わらずですけど、もともとは苦手意識のあった漫才が、今ではどんどん面白くなってきています。

子安:最近はコントよりも漫才をやっている時間の方が長いくらいだと思います。

E:それは以外でした。ヘンダーソンっていうと「石焼き芋」とか「トイレの花子さん」とか、コントでも特に歌ネタのイメージが有りますから。

中村フー:テレビ出演がほとんどコントなのでその影響があるのかもしれませんね。
それに歌ネタは耳に残りますしね。「石焼き芋」の歌は実際に石焼き芋屋さんがBGMに流してくれてたりするんですよ。「トイレの花子さん」は若い女の子達が動画をティックトックにあげたりして楽しんでくれているみたいです。漫才とかコントとか関係なくそういうのって嬉しいですね。
あ、これってヘンダーソンやったんや
子安:でも「トイレの花子さん」のネタをやった時に女子高生達に怪訝な顔をされたことがあるんです。歌は知ってるけど僕たちが元ネタやと知らないんですよ。
ですから僕らがパクッてる方やと思われて(笑)

E:それわかる気がします(笑) 石焼き芋の歌もそうですけど色んな人がカバーしてますもんね。
で元ネタを知ったとき「あ、これってヘンダーソンやったんや」ってなる感じ(笑)
キャラ完成⁉
E:ところで子安さん、髪形がずいぶんとすっきりしましたね

子安:はいそうなんです(笑) 
舞台の企画で刈り上げたのが最初やったんですけど、濃いキャラの多い僕らのコントにはこの髪形の方がしっくりきたのでそもまま続けているんです。

中村フー:弱っちいのに強がっている、いわゆるヘタレキャラを僕がコントで大袈裟に演じたんです。それがお客さんや先輩芸人さんからのウケが良くて、それから続けて演じるようになったんです。

E:ズボンのネタに登場するお兄さんとかですね。キャラもネタも面白い。
子供とか絶対に笑うやつです(笑)

中村フー:はい、そうです(笑) 
あのネタはTBSさんの「ベスト・ワン」という番組でダウンタウンさんにも笑ってもらえまして、ダウンタウン松本さんからベストワン松本賞をいただいたネタなんです。
これからのヘンダーソン
子安:今あるネタはこれからも磨きをかけて育てていきます。
それと新しいネタもしっかりやっていきたいですね。

中村フー:僕はばかばしいネタしかつくれません(笑) 
でもばかばかしいのって子供からお年寄りまで笑ってもらえるんですよ。
世代とか関係無く親しんでもらえる芸人を目指していきます。
告知
よしもとInformation
【YouTube】ヘンダーソンの見ないとダメだなぁ~
【FANYチケット】もっともっともーーーっとマンゲキろくでなしの日
FANYチケット(チケットよしもと)/トップページ
よしもと漫才劇場/トップページ
吉本興業株式会社/トップページ
過去のええ仕事芸人一覧