E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

キングブルブリン
キングブルブリン

左)村上剛(むらかみつよし)
  京都府亀岡市出身 1993年8月27日生まれ

右)田中昭太(たなかしょうた)
  大阪府高槻市出身 1993年1月10日生まれ

舞台衣装はスーツ。
しゃべくり漫才を繰り広げる正統派若手漫才コンビ。
2017年10月結成。NSC大阪校38期。
よしもと漫才劇場メンバー

リモートでおじゃまします!今どちらにいらっしゃるんですか?

村上・田中:よしもとの楽屋からです。よろしくお願いします!
5分の1の確率でキングブルブリンに
(以下 村上剛=村 田中昭太=田 編集=E)

E:コンビ名「キングブルブリン」の命名の由来はゲームらしいですね。

田:はい、僕が好きなゲームキャラクターが由来です。
幾つかあった候補から決まったんですけど、選んだのは僕らではないんですよ。

村:コンビを組んだ当時、マクドナルドでコンビ名の相談をしていたんです。
「朱雀」「ガーディアン」「傀儡観音」「ヤマアラシ」それと「キングブルブリン」、
この5つの候補が上がったんです。
でもあまりにも悩み過ぎて、僕ら二人では決めれなくなってしまったんです(笑)。
それで「次にお店に入って来た人に決めてもらう」ということにしたんです(笑)。

田:そこに入って来たのが二人組の女子大生で、候補名を書いた紙を見せて事情を説明したんです。
それで指差してくれたのが「キングブルブリン」でした。

E:そんなエピソードがあったんですね。
ところで二人の相談ごと、例えばネタづくりとかはファーストフード店ですることが多いんですか。

田:ネタづくりは喫茶店でやることが多いですね。
ネタづくりの場所は芸人に優しい喫茶店
村:ネタづくりの時は沈黙が続くんですよ。
頭の中は色々考えているんです。
二人とも2時間くらい一言もしゃべらない事はしょっちゅう有ります(笑)。
そしてほとんどの場合は僕が話し出して、それを田中がまとめてくれるんです。
僕らのネタづくりってそんな感じです。

E:2時間も黙っているとお店の方も気にされるんじゃないですか(笑)。

村:よく使わせていただくお店で、すごいご理解をいただけています。
芸人に優しい喫茶店なんですよ。とても助かっています。
責任重大なアルバイトをしています
E:ところでお二人のアルバイト事情を聞かせてください。

村:僕は特にアルバイトはしていないんですけど、田中は学生時代からずっと塾講師を続けているんですよ。

田:今は家庭教師をしています。高校3年生の受験生を教えているんですよ。

E:それはけっこう責任重大ですね。

田:そうなんです。すごいプレッシャーを感じています(笑)。
昔の自分に嫌われたい
E:今現在の夢を聞かせてください

村:僕の夢は「昔の自分に嫌われること」ですね。

E:...意味がよくわからないです(笑)。

村:昔の自分は熱いことを言ったり、一発芸で笑いをとったりすることが嫌いだったんです。
カッコ付けてたんですね。逆に恰好悪いですよね。
そんなヤツには嫌われる自分でいたいと思っているんですよ。

田:そういう意味な。深いなぁ(笑)。では僕も深いこと言いますね(笑)。
僕の夢は牛丼屋さんで躊躇無く豚汁を頼めるようになることです!

村:気持ちはわかるけど、それって深いか?(笑)。
告知
よしもとInformation
【FANYチケット】2022.10.15.St.「キメゴト+vol.20」
【FANYオンラインチケット】2022.10.15.St.「キメゴト+vol.20」
よしもと漫才劇場/トップページ
吉本興業株式会社/トップページ
過去のええ仕事芸人一覧