E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

ちからこぶ
ちからこぶ

左)晃太朗(こうたろう))
  福岡県筑後市出身 1992年4月13日生まれ

右)宮北裕太(みやきたゆうた)
  京都府京都市出身 1989年5月19日生まれ

イケメンの晃太朗と宮北裕太の「太っちょヤンキーシリーズ」が好評の2014年11月結成の漫才コンビ。
NSC大阪校36期。よしもと漫才劇場メンバー

リモートでおじゃましす!今どちらにいらっしゃるんですか?

晃太朗・宮北裕太:それぞれの自宅からです。よろしくお願いします!
来年が勝負の年になる!
(以下 晃太朗=晃 宮北裕太=宮 編集=編)

編:前回ご登場いただいたのが2020年の夏、コロナ禍の真っ只中で劇場が閉鎖されたりと、大変な時期でしたね。
あれから2年経ちましたが、ちからこぶさんの最近の様子はどんな感じでしょう。

宮:今も変わらず漫才に励んでいます。
あの当時と比べると後輩の芸人達もどんどん力をつけてきていますので、ますます頑張らないといけない状況になっていますね(笑)。
それと僕ら来年が10年目になるんですよ。まさに勝負の年になるんですね。
ですからあの当時よりももっと賞レースを意識するようになりました。
勝ち上がっていきたいですから。

舞台衣装を一新!
編:舞台衣装を一新されたのも気持ちの表れでしょうか。
以前にもまして「漫才師」の雰囲気がパワーアップしたように感じます。

宮:そうなんですよ、衣装を変えたんですよ。思い切ってオーダーメイドしました。
漫才師らしくパシっとキめるために先輩芸人さん達もよく利用されているお店で仕立ててもらったんですよ。
漫才師らしく同じデザインで色違いにしました。
晃太朗が紫なので、僕はバランスを考えてグレーにしたんです。
黒い襟が恰好ええでしょ。

晃 :デザインは御揃いですけど生地が違うんですよ。
ですから実は僕の衣装の方が宮北野よりちょっとだけ高いんですよ(笑)。

編:何か生地に工夫されたり、違いがあるんですか?

晃:紫色は珍しいらしくて同じ生地のがなかったんですよ。
お店の方にお伝えしたら奥の方に生地を取りに行かれたんです。
見せていただいたら凄い綺麗で、明らかに高いやつやと思いました(笑)。
「ちからこぶ」でググってみた!
編:ところでコンビ名の「ちからこぶ」って何か命名の由来があるんですか。

晃:特に深い意味は無いんですよ(笑)。
当時はカタカナのコンビ名が流行っていたんですね。なので逆にカタカナを避けたかったというのはあったんです。
で、僕が最初に閃いたのが「ちからこぶ」だったんです。
宮北が「それええやん!」と気にいってくれたので、一発目で決まったんです(笑)。

編:前回の取材の時、「ちからこぶ」でネット検索したんですね。
その時は上位表示されていたのは二の腕の筋肉の方の「力こぶ」ばかりだったんですよ。
今回、同じように検索してみたんですね。そうしたら上位がコンビ名の方の「ちからこぶ」だらけになっていました。2年間頑張っていらっしゃったんやなって思いました。

晃:えー、知りませんでした。それとっても嬉しいです。本当ですか?

宮:マジですか、嘘でしょ。それ凄いですやん。てっきり上位は鳥貴族さんの「ちからこぶ」やと思っていました。美味しいですもん(笑)。

編:嘘かどうかは一度ググってみてください(笑)。
告知
よしもとInformation
【FANYチケット】ノルウェージャンフォレスト男女
【FANYオンラインチケット】ノルウェージャンフォレスト男女
【TikTok】miyakitacompany/太っちょヤンキーシリーズ
よしもと漫才劇場/トップページ
吉本興業株式会社/トップページ
過去のええ仕事芸人一覧