E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」
をテーマに突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

ガチャガチャ
左)かんちゃん(1982年5月7日生まれ)
右)ジョージ(1983年11月15日生まれ)

2012年結成の芸人コンビ。大阪市港区住みます芸人。
ギミックで魅せる「ショート小道具」で独創的なネタを展開。

夢が有るのにバイトに明け暮れる若者にメッセージを!

ムダなバイトは無い!
いつか必ず繋がります!(かんちゃん)

独立起業を目指す若者にメッセージを!

まず全部やる!減らす!そしてまたやる!
手当たり次第やったら見えてくる!(ジョージ)
「ガチャガチャ」ってどんなコンビですか
かんちゃん:僕はギミックというか、仕掛けのある道具が大好きなんです。いつも色々考えていて、思いついたらすぐに自作するんです。出来上がった小道具を主役にネタを展開するのがガチャガチャのスタイルなんです。

ジョージ:元々は漫才でスタートしたガチャガチャですけど、今は「諸芸枠」で舞台に出演しています。自分達のスタイルを「ショート小道具」と表現しています。

かんちゃん:わっと笑いが起こるのも嬉しいですけど、歓声が沸くとたまらなく嬉しいんです。

ジョージ:笑いも歓声も起こらないこともありますけど(笑)。笑えるものや、あっと驚くものまで色々な小道具があるんです。よしもと漫才劇場のサイトから動画が見れるのでぜひチェックしてみてください。
お二人のお仕事経験を聞かせてください
かんちゃん: UFOキャッチャーが大好きで、それが理由でずっとゲームセンターでアルバイトをしています。あるテレビの番組でUFOキャッチャーの芸能界No.1を決めるという企画があって、僕も出演させていただいたんです。結果はなんと優勝(笑)。おかげ様でUFOキャッチャーNo.1芸能人の称号をいただきました(笑)。

ジョージ:芸人をやりながら10年間ほど清掃会社で働いていたんです。けっこう真面目に取り組みました。10年もやっていると仕事の改善点が見えてきたり、人間関係が広がったりするんです。それで3年前に独立して自分で清掃会社を立ち上げました。あくまで軸足は芸人に置いているんですけど、会社の方も手を抜かずに両立させています。
気になる芸人さんっていらっしゃいますか
かんちゃん:チョコレートプラネットやクロスバー直撃などの道具を使ったネタをされている芸人さんは気になりますね。

ジョージ:相方を支えたり、背中を押したり。それがガチャガチャでの僕の役割りだと思っているんです。まさに西川きよし師匠のイメージで、お手本にさせていただいているんです。

かんちゃん:僕にとっては相方も小道具のひとつです(笑)。
今後の夢を聞かせてください
かんちゃん:NGKの本舞台を歓声で沸かせたいです。 そして「ショート小道具」のジャンルを確立したいです。ワークショップなんかも展開して小道具の面白さを広げていきたいですね。

ジョージ:大阪市港区で住みます芸人をさせていただいていて、地域の行事や施設でネタをやるんですけど,お客さんの反応を間近に感じれますし、会話のキャッチボールも楽しいんですよ。そういうのを広げていきたいです。お客さんとの距離が近い所でやり続けたいですね。
告知
よしもとInformation
よしもと漫才劇場
チケットよしもと
吉本興業株式会社
過去のええ仕事芸人一覧