E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

蛙亭
左)中野周平(なかのしゅうへい)
(岡山県出身)

右)岩倉美里(いわくらみさと)
(宮崎県出身)

2012年 4月結成。共にNSC大阪校 34期生。
独特の世界観で異彩を放つコント&漫才の男女コンビ。
芸人の夢を忘れそうになるのが怖くて
居心地の良かった会社を辞めました
(中野周平)
人を笑わせることって凄い!
(岩倉美里)
コンビ結成のいきさつを聞かせてください
中野周平:自分は人見知りで消極的なところがあって、NSCに入ったものの中々コンビを組む相手を見つけられ無かったんです。そういう人達の為に「相方さがしの会」というのが開催されまして、岩倉もそこに参加していたんです。その時の岩倉の大喜利が面白くて、印象的だったんです。それで自分から声を掛けたのが始まりですね。

岩倉美里:コンビ名は私がつけたんです。中野がカエル好きだったのと漢字二文字にしたかったことで「蛙亭」に決めました。
お二人のお仕事経験を聞かせてください
中野周平:子供の頃からイラストを書くのが大好きだったんです。その趣味を活かして漫画のアシスタントをしています。モーニングで連載中の「カバチタレ!3」や漫画家デビューをされたシャンプーハットのこいでさんの作品、「パパは漫才師 」とかのお手伝いをさせてもらっています。
それと芸人になる前はJR西日本の正社員だったんです。宝塚駅のみどりの窓口で駅員をしていました。元々NSCの入学金が貯まったら辞めるつもりで入社したんです。芸人になるのが夢でしたから。でも仕事が楽しくて、良くしてくれる方も多い職場で、なんとなく辞め時を見失なっていたんです。ある時突然それが怖くなって・・・。それで思い切って退職したんです。

岩倉美里:地元の宮崎で2年間アルバイトをしてNSCの入学金を貯めたんです。交通整理と焼肉屋さんです。「はいから亭」という名前の焼肉屋さんだったんですけど、実は蛙亭の亭の字はそこから閃いたんですよ(笑)
地元について聞かせてください
中野周平:岡山出身の芸人って意外と多いんです。例えば浅越ゴエさんや見取り図のリリーさんとか、他にも沢山いらっしゃいます。機会があれば地元岡山のお役に立てるようなお仕事をぜひやってみたいですね。

岩倉美里:宮崎は民放TVのチャンネルが2つしか無いんですよ(笑)。それもあって、関西に比べてお笑いに触れる機会が少ないんです。小学生の時に大阪に住んでいる親戚のおばさんによしもと新喜劇を観に連れていってもらったんです。その時衝撃を受けたんです。「人を笑わせることって凄い!」と感動したんです。それがきっかけで芸人を目指したんですけど、家族には「26歳で売れてなかったら帰る」って約束して出て来たんです。約束破ってます(笑)。売れて宮崎のワイドショーの出演で帰れたら嬉しいです(笑)
今の目標を聞かせてください
中野周平:キングオブコントで結果を出したいですね。
今年は準決勝、来年は決勝進出を目標にしています。

岩倉美里:そして再来年、2021年は蛙亭が優勝しまーす!
告知
よしもとInformation
よしもと漫才劇場
チケットよしもと
吉本興業株式会社
過去のええ仕事芸人一覧