E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

マユリカ
マユリカ

左)阪本
(兵庫県神戸市出身 1990年1月生まれ)

右)中谷
(兵庫県神戸市出身 1989年10月生まれ)

2011年結成の漫才コンビ。
よしもと漫才劇場メンバー。
幼馴染みならではの息の合ったコント漫才で持ち味を発揮。
2017年 上方漫才協会大賞新人賞受賞
2018年 M-1グランプリ準決勝進出
初めての東京単独ライブが即完売で満席!
注目度急上昇中のマユリカのお二人に
ここだけの話を聞いてきました
芸人になったきっかけ
坂本:大学生の時に僕から中谷に声を掛けたのがきっかけです。
お笑いの世界に入りたかったんですが、一人は心細かったので昔から
良く知っていた中谷を誘ったんです。
中谷:それで二回生の時に大学を中退して二人でNSCに入ったんです。
大学を中退したんですか
中谷:はい、意外とあっさりと辞めちゃいましたね(笑)
親も特に反対するわけでも無くすんなりと決まりました(笑)

坂本:こういう性格やから誘ったんです。
手っ取り早く付いて来てくれるやろうなって思ってました。
昔から何も考えていないタイプでしたから(笑)

中谷:失礼やなぁ(笑)。
僕のお笑いの才能を見抜いて誘ったんでしょ。

坂本:中谷は昔から漫画を描くのが好きで、漫画家を目指していたようなんです。
でも正直言うと彼の描く漫画は全然面白く無かったんですよ(笑)
ぜったいお笑いの方が向いているって思っていたんです。
三歳からの幼馴染みとのことですが
坂本:そうなんです。
お互いの実家が徒歩3分ぐらいのご近所で、家族ぐるみのお付き合いやったんです。

中谷:最近なんですが母親同士で一緒に舞台を観に来てくれたんですよ。

坂本:僕の母親は初めて来てくれたんです。
自分が緊張するみたいで中々来てくれなかったんです。

中谷:僕の母は良く来てくれます。ミーハーなんです。
その日も僕たちのことはそっちのけで「かまいたちさんが観れて良かったー」って喜んでいました(笑)

坂本:昔はわりとキレイめのお母さんやったのになぁ(笑)

中谷:どういう意味やねん(笑)

坂本:骨と皮だけになってはった(笑)

中谷:ダイエットしとんねん。ほんま失礼!(笑)
今の目標
中谷:たくさんの方にマユリカを知って欲しいと思っています。
そのためにも動画配信とかがんばりたいですし、テレビにも出演出来るようがんばりたいです。

坂本:昨年末に東京で単独ライブをさせていただいたんです。
開催が決まった時は嬉しかったですけど怖さが凄くあって。
東京では活動していませんし、TVとか出たことが無いですから僕ら無名なんです。
絶対にお客さん入らへんて思っていたんです。
それが実際はチケットは完売で満席になったんですよ。

中谷:びっくりしました(笑)。
お客さんが温かかったことにもびっくりでした。
感激してしまいました。

坂本:動画配信を観てマユリカを知ってくれた方がいっぱい来てくれたんですよ。
またやりたいなって思っています。
告知
よしもとInformation
よしもと漫才劇場チャンネル
大阪チャンネル公式
よしもと漫才劇場
チケットよしもと
吉本興業株式会社
過去のええ仕事芸人一覧