E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

Dr.ハインリッヒ
Dr.ハインリッヒ

左)山内幸(やまうちみゆき)
(京都府出身)

右)山内彩(やまうちあや)
(京都府出身)

2005年結成の双子姉妹の漫才コンビ。
息の合った掛け合いとファンタジーな世界観で
独自のスタイルを生み出す。
ネタ無しトークライブ
『ディアロークハインリッヒ』は
開催12回を数える人気イベント。
よしもと漫才劇場きっての個性派双子姉妹
Dr.ハインリッヒさんに
ここだけの話を聞いてきました
芸人を目指したきっかけ
幸(みゆき):小学生の頃からダウンタウンさんの大ファンだったんです。
その影響で当時から芸人になりたいと思っていました。
誰にも話せなかったんですけど。

彩(あや):私(わたくし)も幸さんと全く同じなんです(笑)

幸(みゆき):彩さんも芸人になりたいと知った時にはコンビを組む気持ちは全然無かったんです。
家族ですから。
家族と漫才をするイメージが全く湧かなかった(笑)

彩(あや):それも同感だったんですけど、よくよく考えると双子がそれぞれ違うコンビで芸人をしているのも逆に変だなとなりまして。
それでコンビでNSCに入ったんです。

幸(みゆき):入学して初めてのネタ見せでコンビを組んだんですけど、これがすごくウケたんですよ。
初めてのネタ見せは漫才だったんですか
幸(みゆき):はい、そうです。
いわゆるしゃべくり漫才です。
私達はコントをやりませんしコント風漫才のネタもほとんどしないです。

彩(あや):ネタは幸さんが作るんですけど、ファンタジーなものが多いですね。
それがDr.ハインリッヒの特徴にもなっています。
ちなみに初めてのネタ見せでやったのは
「(妖怪の)一反木綿(いったんもめん)を捕まえて箪笥にしまう」
というネタでした(笑)
最近嬉しかったこと
幸(みゆき):最近のことでは無いんですけど、2016年になんばグランド花月で「よしもとゴールデンアワー 」というイベントが開催されたんです。
司会が芸人を目指すきっかけになったダウンタウンさんで、その舞台に私達も出演させていただいたんです。

彩(あや):NGKの舞台でダウンタウンさんと共演できるだけでも嬉しいことだったんですけど、松本人志さんから「面白かったよ」って声を掛けていただいたんです。

幸(みゆき):それと動画配信(Dr.ハインリッヒチャンネル)を始めるようになって私達のことを知ってもらえる機会が増えたんです。

彩(あや):例えば今まではほぼ関西のお客だけだったトークライブだったんですが、遠方から来て下さるお客さんが随分と増えて来たんです。本当に嬉しいです。
これからの目標
幸(みゆき):単独ライブで食べていけるコンビになりたいです。
全国どこで開催してもお客さんが入ってくれるコンビになりたいですね。

彩(あや):実は今年でコンビ結成15年目なんです。M-1グランプリに出場できるラストイヤー。優勝を狙って頑張りたいです。
告知
よしもとInformation
よしもと漫才劇場チャンネル
大阪チャンネル公式
よしもと漫才劇場
吉本興業株式会社
過去のええ仕事芸人一覧