E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

ジソンシン
ジソンシン

左)下村啓太(しもむら けいた)   
  三重県四日市市出身 1988年1月29日生まれ
右)酒井孝太(さかい こうた)
  奈良県大和郡山市出身1983年5月17日生まれ

2013年に結成の漫才&コント、二刀流のお笑いコンビ。
共に2006年NSC大阪校の29期生。
漫才劇場メンバー。

リモートでおじゃまします!今どちらにいらっしゃるんですか?

下村・酒井:それぞれの自宅にいます。よろしくお願いします!

独り暮らしですか?

下村:はい、でも可愛い猫が二匹いますよ(笑)

酒井:僕は奥さんと二人暮らしです(笑)
ジソンシンてどんなコンビ?キャッチフレーズをつけてみてください(笑)
下村:う~ん。自分で自分にというのはちょっと難しいですね(笑)。
漫才劇場では「漫才とコントの二刀流・・・」的なコピーで紹介いただくことがあるんです。
僕はそのフレーズはけっこう気にいってますね。

酒井:そのフレーズ、僕は今いちピンときていないんです。
ジソンシンらしさを表現するなら「とにかく下村が変!」の方がぴったりときますね(笑)

下村:いきなりやなぁ(笑)
漫才とコントは半々くらいでやっているんですか?
下村:だいたいそうですね。
定期的に単独ライブを開催しているんですけど、毎回6本の新ネタをやるんです。
漫才とコントが半分。3本づつやっています。

酒井:昔は2ヶ月に1回のペースで開催していたんですが今は3ヶ月に1回。
せっかくの単独ライブですからしっかりとネタをつくりたくて少しペースをおとしたんです。
そのペースだと今まで作ったネタは100本以上ですね。すごいですね。お気に入りのネタってあるんですか?
下村:お気に入りと言うわけでは無いですけど営業とかに行かせていただくと、ご当地をネタにした話はやっぱりウケが良いですね。
例えば「三重VS奈良」みたいなやつです。
ちなみに僕は三重県出身で酒井は奈良県出身なんですけどね。

酒井:ネタ作りは僕が担当しているんですけど、お気に入りのネタは今作っている真っ最中です。ずーっとやり続けられるような物を作りあげていきたいですね。
12月1日から森ノ宮よしもと漫才劇場がオープンしましたね
下村:僕たち若手にとって舞台が出来るのはとても嬉しいことなんです。
新しいお客さん方にネタを観てもらう機会が増えます。
すごい楽しみにしています。

酒井:森ノ宮はビジネス街も近いですから、サラリーマンやOLの方にもどんどん足を運んでもらいたいです。
クールジャパンパーク大阪のSSホールが漫才劇場になるんですけど、お客さんとの距離が近く感じる舞台なんです。
なんばの漫才劇場とはまた違った雰囲気を楽しんでいただけると思います。
将来の夢をおしえてください
下村:自分が好きなことをやっていけたらいいなと思います。
例えば所ジョージさんのような生き方に憧れています。
今は好きな物とか全然見つかってないですけど(笑)

酒井:舞台に立ち続けたいです。
立つ舞台はやっぱりなんばグランド花月が最高です。
常連としてNGKに立ち続けたいです。
告知
よしもとInformation
第六回 上方漫才協会大賞 開催!〈2021年1月11日(月・祝)18:00~〉
チケットよしもと
よしもと漫才劇場
吉本興業株式会社
過去のええ仕事芸人一覧