E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

茜250cc
茜250cc
(あかねにひゃくごじゅうしーしー)

左)小泉(こいずみ)
  大阪府出身 1990年6月24日生まれ

右)善家カズマサ(ぜんけかずまさ)
  愛媛県出身 1994年3月2日生まれ

NSC大阪34期(2011年)の小泉と35期の善家が2020年9月に結成。
2021年10月のグランドバトルで好成績を残し、翌月に漫才劇場メンバー入りを果たす。

リモートでおじゃまします!今どちらにいらっしゃるんですか?

よしもとの会議室からです。よろしくお願いします!
仲の良かった二人で新コンビを結成
(以下 小泉=小 善家カズマサ=善 E=編集)

善:もともと僕にとっての小泉さんは、話しやすい気の合う先輩やったんです。
お互い別のコンビで活動している時から二人でご飯を食べに行ったり、お酒を飲んだりする、そういう関係やったんです。

小:そんな感じでもともと仲が良かったですから、たまたま同じようなタイミングでコンビ解散が重なった時には、自然にコンビを組もうという話になっていきました。
コンビ名の由来
善:コンビを組むことが決まってから、ネタ合わせによく使ったのがなんばパークスの広場です。
若手芸人達がよく使う場所で、その日も何組かが稽古に集まっていたんです。
そこでコンビ名を決める相談にのってもらったんです。

小:僕が好きな「雲」の字を入れた名前を考えてもらったんです。
「○○雲」みたいな感じで。その流れで「茜雲」というのが出てきたんです。

善:「あ、それええやんかー」って皆がなりまして、茜雲で決まりの空気になったところで我慢していたトイレに行かせてもらったんです。
それなのにトイレから戻ってきたら何故か「茜250cc」に変わっていたんですよ(笑)
何が起こったんやって思いました。
「雲」は何処にいったんやーって(笑)

小:ネット検索をしてみて、茜雲やとカブることがわかったんです。
で、あかんなーってなったんですよ。
その時バイクが走っていく音が響きまして、誰かが「茜250cc」と言ったんです。
使いたかった「雲」の字はどっかいってしまいましたけど、「あ、それめっちゃええやん!」ってなったんです(笑)

善:響きもいいし、他に無さそうな名前だったので僕も気に入りました(笑)

E:お二人ともバイクが好きやったんですね(笑)

善:いえ、二人ともバイクのことはまったく知らないんですよ(笑)
ネタ作りの話
E:ネタ作りはどちらが担当しているんですか?

善:小泉さんも僕も、前のコンビでは二人ともネタ書きを担当していたんです。
今はどちらかでは無くて二人ともが書いているんですよ。
その方が負担が軽くなるし、可能性も広がると思うんです。

小:2月に初めての単独ライブをやるんですけど、ほとんど新ネタでいく予定です。
ネタ合わせが大変ですけど全然苦痛じゃないです。楽しいですね(笑)
今年の目標
小:全国ネットのメディアでネタをする事が僕の今年の目標なんです。

善:僕の目標はM-1グランプリで準決勝進出以上の結果を出すことです。

小:それが実現したら僕の目標も同時に達成できるなぁ(笑)

善:うん、そうですね。小泉さんと僕の目標、どっちも繋がっていると思います。
どちらも達成したいですね!
告知
よしもとInformation
【FANYチケット】茜250cc初単独ライブ「世紀の大発見」
【FANYオンラインチケット】茜250cc初単独ライブ「世紀の大発見」
FANYチケット/トップページ
FANYオンラインチケット/トップページ
よしもと漫才劇場/トップページ
吉本興業株式会社/トップページ
過去のええ仕事芸人一覧