E-shigotoPADO SPECIAL CONTENTS

企業×Eしごとぱど


関西を笑いで盛り上げるよしもとの芸人さん達に
「仕事」「夢」「地元」をテーマに
突撃取材してきました

今回のええ仕事芸人は

エルフ

左)荒川葉月(あらかわはづき)
(大阪府和泉市出身)

右)はる
(大阪府枚方市出身)


よしもと漫才劇場期待のニューフェイス。
共に大阪出身の女性コンビ。2016年4月結成。
漫才詳しそうなオッチャンが笑ったら
イェー!ってなります
(荒川葉月)
同年代の女性にウケると
とても嬉しい気持ちになります
(はる)
芸人になったきっかけを聞かせてください
荒川:高校を卒業したら芸人になろうって決めていたんですけど周りから猛反対されていたんです。最後はお母さんが助けてくれました。「さっさとやって、さっさと帰っておいで」って。厳しい世界やから諦めてすぐに帰ってくるやろって思ってたみたいです(笑)。

はる:高校生の時、体育教師を目指すか、芸人を目指すかで悩んでいたんです。ある時に担任の先生から「今しかでけへんのは芸人のほうちゃうか」って言われたんです。スポーツもお笑いも大好きで自分では決められへんかったんですけど、その一言がきっかけでNSCに入ろって決心できたんです。先生にはほんと感謝しています。
アルバイトはしていますか
荒川:はい、ウーバーイーツでフードデリバリーをやっています。速そうなカッコいい自転車に乗っている人が多いですけど私はママチャリやから大変なんですよ(笑)。

はる:コンビニの店員やテレホンアポインターとか色々やりました。今は居酒屋で働いています。
芸人になって良かったと思うことを聞かせてください
荒川:もともと「夢なんて叶わへん」派で、すごいマイナス思考やったんです。それが前向いてやってはる姿や夢を叶えていく先輩芸人さん達を身近に見てて、すっかり前向き派に変われたんですよ。今なんかしんどいことでも「何でもできるやん、イェー!」って感じですもん(笑)。

はる:単独ライブをやらせていただいた時に、来ていただいたお客さんを見てめちゃめちゃ感動したんです。「私達を観に来てくれたやー」って(笑)。それとネタがウケるとやっぱり嬉しいです。特に同年代の女性にウケるととても嬉しい気持ちになりますね。

荒川:私は漫才詳しそうなオッチャンが笑ったらイェー!ってなります。
今の目標は何でしょう
荒川:賞レースにどんどん出て活躍したいです。志の高いギャルなんで(笑)。

はる:色々なことにチャレンジして芸人の幅を広げたいです。お芝居やラジオとか、機会があればMCもやってみたいです。

荒川・はる:エルフとしてはTHE W(女芸人No.1決定戦 )を獲りたいです!
告知
よしもとInformation
よしもと漫才劇場
チケットよしもと
吉本興業株式会社
過去のええ仕事芸人一覧